アトピーの疑問

アトピー性皮膚炎の検査

アトピー性皮膚炎であるかどうかを調べるテストについてご紹介します。

 

<血液検査>
アトピー性皮膚炎が疑われる場合、まずは血液検査を行うのが一般的です。
通常の血液検査では、採血から好酸球とIgE抗体のそれぞれの血中濃度を調べてゆきます。
好酸球は白血球の一種であり、アトピーの症状が悪化したときに急激な増加を見せます。
IgE抗体はダニやハウスダストなど、アレルギー反応を引き起こす原因物質です。
この抗体は、体質がアトピーであるかどうかを調べるための大きな手がかりになります。こちらも好酸球と同じく、症状の悪化によって増加する物質です。

 

<アレルゲンテスト>
また、アレルギー反応の原因を明らかにするために、アレルゲンテストも並行して行われます。
このテストには血液検査と皮膚検査の2種類がありますが、より正確に原因を突き止めるため、両方実施することが多いようです。

 

1.血液検査
上記の血液検査です。ダニ、カビ、ハウスダストなど、アレルギーの原因要素と考えられるものに反応するIgE抗体の有無を調べます。

 

2.皮膚検査
パッチテスト、プリックテスト、スクラッチテストの3種類があります。
パッチテストでは、アレルゲンと目されるる物質エキスを肌に直接貼り付け、48〜72時間後に炎症が発生しているかどうかを観察します。
プリックテストとスクラッチテストはほぼ同様の検査内容となります。
アレルゲンと目される物質エキスを腕の一部に少量落とし肌に傷をつけ、15〜20分後の状態を観察します。

 

 

なお、食物アレルギーの可能性が疑われる場合は、上記のテストに加えて「食物除去・誘発テスト」を行い、原因を探ってゆきます。この場合は特定の食物、食品の摂取を一定期間ストップし、その後徐々に摂取して体調の変化を観察します。