アトピーの疑問

アトピ―性皮膚炎を引き起こすアレルギー

アトピー性皮膚炎が生じる原因のひとつに、当人がアトピー体質だから、というのがあります。
成人がアトピー性皮膚炎を引き起こす場合、ダニやハウスダストに過剰に反応しているケースがよく見られますが、これは紛れもないアレルギー反応です。
元来人体には、体内に侵入した異物に対抗する仕組みが備わっています。異物に反応して生成される「抗体」と、体内に生じた不要成分を排除しようとする「免疫」は、ふたつで1セットの生体防御機構です。
免疫機構は通常は体内に侵入した細菌やウイルスの類に向かってはたらくものですが、無害の物質に対しても抗体反応を起こし、過敏な反応を生むことがあります。この身体反応が「アレルギー」です。アレルギーの原因物質については「アレルゲン(抗原)」と呼んでいます。
このアレルゲンとなる物質や、アレルギー反応が出る部位、症状についてはまさに千差万別であり、安易に一括りにはできません。良く耳にするアレルギー症例としては、食物アレルギーや花粉アレルギーが一般的ではないでしょうか。
アトピー性皮膚炎は、アレルギー反応が皮膚にあらわれたものです。

アレルギー発生のメカニズム

簡単ながら、以下に一般的なアレルギーの発生メカニズムを説明します。

 

1.皮膚にアレルゲンが付着し、体内に侵入する
免疫機構が上手くはたらかない場合に、身体機能が無害の物質を異物と判断してしまいます。

 

2. 体内で抗体が作られる
異物を排除するために即座に抗体が作り出されますが、この抗体は対象が無害であるために、本来の機能を発揮できません。

 

3.抗体が粘膜の肥満細胞に接合する
無用の抗体は、皮膚や鼻の粘膜、気道など、皮膚膜下組織や結合組織に存在している肥満細胞に付着します。これと新たに身体に取り込まれたアレルゲンとが結合します。

 

4.肥満細胞から化学物質が放出される
アレルギー反応の発生です。肥満細胞の中のヒスタミンが細胞の外に放出され、炎症を引き起こします。

 

5. 痒みなどの不快な症状が発生する
各種の炎症が、皮膚炎などのアレルギー反応としてあらわれます。